2008年10月04日

高脂血症薬スタチンの発見者

高脂血症薬スタチンの発見者 遠藤章 先生(74歳)に アルバート ラスカー賞授与

2008年9月13日科学アメリカによると、アメリカのノーベル賞と言われる賞で、
来る9月25日に、ラスカー賞と共に、三十万ドルを受賞する。1973年臨床で
悪性コレステロールのLDLを27%減少させる菌類を発見した。
現在ファイザーのこの薬の売上は昨年1兆4千億円に上った。2007年の世界の
製薬会社の合計は、3兆4千億円と言われている。一方、合併症として、筋肉の
脆弱化、痛み、疲労、末梢神経症、精神記憶症などが報告されている。しかし、
ニューヨークタイムズの最新報告では、上記にも拘わらず、人類の寿命を延長
させる好結果が立証されてきている。更なる研究が大勢の研究者による継続
されている。日本語のビデオがウエブで公開されている。
http://www.laskerfoundation.org/awards/2008_c_interview_endo.htm
posted by medicalpage at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 医院・クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳脳波図計

動物実験 或いは 動物用 或いは 研究用
ウインドウズ パソコン式
脳脳波図計の主な仕様

サンプリング周波数 秒2000点
AD変換 16ビット
パソコン接続 標準 USB
EEGチャンネル数
   8、16、32、64、128、
フィルター 高域カット
 15、35、45、60、70、120、Hz
フィルター 低域カット
 10、1.6、1.0、0.53、0.16、Hz

研究用 パソコン式8チャンネル脳波計
 希望売価 100万円から200万円


オプション

ビデオ図との同期表示
ビデオカメラからの同期記憶波図 、心電図、自律神経解析、睡眠障害解析、
posted by medicalpage at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聴診器


PDA, ミニノートパソコン、
ノートパソコン、等で
記憶したデータを解析します。

大勢の診断では、ヘッドホンが使えます

記憶されたデータを
診察後、解析できます。

遠隔や、他の場所での
専門医の解析が容易に
実施できます。

標準的心音、呼吸音、等
のシミュレータが
オプションとして
揃っています。
posted by medicalpage at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーコードリーダあるいはバーコードスキャナーで自動入力されませんか



患者情報(カルテ番号、ID番号、名前、性別、身長、体重、生年月日)をバーコード情報
で、自動読み込みしませんか。
ラブテック社製12誘導心電計(安静時、負荷試験―歩行、マスターステップ、エルゴメータ
トレッドミル、等)は、測定初期に、患者情報入力がバーコードされていれば、自動的に
入力し開始できます。
これは、パソコン心電計の特徴です。
他に、最近4から5万円の極めて小型のミニノートパソコンなら、どこでも、心電計になり、
呼び出し端末になり、データの格納も自由自在にできます。
パソコン技術が応用できます。
詳しくは当方まで、お問い合わせ下さい。メディカルテクニカ有限会社
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/barcodeinput/
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/barcodereader/
posted by medicalpage at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニノートパソコンとデュナ12誘導ワイヤレスの新時代


ミニノートパソコンが、4万から6万円で販売され、しかも、B5サイズの小型で、
機種によっては、バッテリの継続使用時間が長く、ご利用の範囲を一段と
拡大します。往診や在宅看護、遠隔地診療に便利です。
ラブテック社のパソコン心電計デュナは、12誘導ペーパレスであり、
安静時、歩行、マスターステップ、エルゴメータ、トレッドミルに対応しております。
当該ミニノートパソコンを無線ランで使用すれば、その無線距離はかなりの範囲で
応用できます。バーコード入力も可能で、連続的な検診などに便利です。
心電計がパソコン式ですので、院内ランのデータ転送が容易です。
救急車心電図伝送、遠隔診療、医院病院の無い地区での利用に、除細動器
とトもに便利と利用できる時代が到来しています。インターネット利用や、
メモリチップでの搬送も可能です。なお、個人情報保護の観点からは、データは
暗号化されており、当該心電計のソフトウエア無や、IDパスワード、指認証や
じょうにゃく設定で二重三重に保護できます。電子カルテとは直接接続も可能で
すし、DICOM画像化で他のDISOMと同居できます。
posted by medicalpage at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Extremely Interesting Tables of Current Markets of Medical Devices

極めて興味ある医療機器の発明と製造の現状
Extremely Interesting Tables of Current Markets of Medical Devices
久保田博南氏著「いのちを救う先端技術」PHP 新書2008年9月2日発刊
中ページ210に掲載された表10−1医療機器の開発・生産の概観から引用
詳細は当著書参照
Published by PHP New Books September 02 2008
posted by medicalpage at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。