2007年03月31日

国際パーソナル・テレヘルス・シンポジウム

疾病予防、生活習慣病対策、高齢者の生活サポートは世界共通の課題です。
「国際パーソナル・テレヘルス・シンポジウム」では、政府、関連学会、
ヘルスケア業界のオピニオンリーダーの方々にお集まりいただき、上記の
課題解決に向けたテクノロジーを活用した効果的なソリューションに関す
るディスカッションを行います。ぜひこの機会にご参加ください。

=========================【開催概要】============================

主 催:Continua Health Alliance
    コンティニュア・ヘルス・アライアンス
    http://www.continuaalliance.org/home/
日 時:2007年 4月17日(火) 9:00〜18:00 (8:30〜受付開始)
参加費:無料
会 場:TEPIA 4Fホール
    〒107−0061 東京都港区北青山2丁目8番44号
    TEL 03−5474−6111
    http://www.tepia.jp/access/

シンポジウムのハイライト:
 ◆基調講演
   黒川清 日本医療政策機構代表理事、内閣特別顧問
   伊藤仁 内閣官房参事官
 ◆欧米でのパーソナルヘルスにおけるITの活用に関する先進事例
   マイク・ベインブリッジ
   英国 National Health Service, Connecting for Health 他
   (ナショナルヘルスサービス)
 ◆産業界の取り組み
   日本IBM、インテル、シャープ
 ◆日本政府におけるパーソナルヘルスに関する取り組み
   堀口光 経済産業省商務情報政策局医療・福祉機器産業室長
   矢島鉄也 厚生労働省健康局生活習慣病対策室長
 ◆パネルディスカッション
 「パーソナルヘルスにおけるITの活用方策」
   久野譜也 筑波大学助教授            
   近藤正晃ジェームス 日本医療政策機構副代表理事
   田中智幸 松下電工インフォメーションシステムズスペシャリスト
   村瀬澄夫 信州大学教授
   山本隆一 東京大学助教授
 「パーソナルヘルスにおけるITの活用に向けた技術的課題」
   菊地眞 防衛医科大学校教授
   河野隆二 横浜国立大学教授
   辰巳治之 札幌医科大学教授
   田中博 東京医科歯科大学教授
posted by medicalpage at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

ドイツで毎年開催される メディカ に出品されませんか

医療機器の展示会では、世界一の規模を誇る この展示会は、毎年11月にドイツのデェッセルドルフで
開催されております。2006年では、17個のホールに、開催4日間で、14万人が集いました。
主な出展品には、電子及び電気医療機器、機械的医療機器、ディスポ医療品、体外診断医療機器、
スポーツ医療機器、医療設備、医療用コンピュータ及びソフトウエア、医学研究用機器等多彩です。
この展示会の良い所は、ブースで直販ができることです。出店経費を回収できます。

本邦の医療用製品、医学用製品をこの世界一の展示会へ出品されませんか?
御手伝いします。ぜひ、国内以外へも進出あるいは、評価を受けて、改良されたいとお考えの企業
の方と、ご一緒に展示会を参加したいと希望しております。

今までの展示会を見ていて、日本だけが、中小の企業が自由に出品しておりません。
米国、カナダ、オーストラリア、中国、台湾、韓国、インド、フランス、英国、イタリア、スペイン、オランダ、
ベルギー、ノルエイ、フィンランド、オーストリア、スウェーデン、ロシア、などすべて、国ベースでの
小間割で出展しているのです。ここ五年を見ても、日本だけが、実施していません。
ぜひ、ご希望の中小企業の皆様の意見を集約して、共同でブースを出しませんか?

メディカジャパンが昨年始めて、ブースを出したところです。
この記事にお目を留めて下さったからのご一報をお待ち申し上げます。
                        メディカルテクニカ有限会社 ecgpclink@mail.goo.ne.jp

posted by medicalpage at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。